epoc

外食企業の海外進出支援/ライセンスマネジメント・コンサルティング・海外店舗開発
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • English
  • Japanese
Service サービス内容

海外進出セミナー

epocでは海外進出をお考えの外食企業の皆様に役立つセミナーを開催しています。
セミナー会場で個別のご相談にも対応いたしますので、お気軽にご参加ください。

タイ&ミャンマー進出事例から学ぶ 〜 DOA主催 第3回勉強会

日 時 2015年12月9日(水)17:30受付開始
会 場 ぐるなび大学 東京会場 【MAP
定 員 50名
参加費 勉強会&懇親会セット:お一人様6,000円(当日ご持参下さい)

DOA(Dream of Abroad)は、日本が誇る最高の食文化を海外に広める志を持った飲食店経営者のグループです。
https://www.facebook.com/groups/272786742746180/

今回は「タイ&ミャンマー」をテーマに学びます。
日本食店が3,000店あるとも言われ、東南アジアの中で日系企業の進出店舗数が最も多いと言われるタイと、2011年に民主化が実現し、海外からの投資マネーが集まり今後の経済成長が期待されるミャンマーをテーマに、実際の出店を経験した経営者を講師として迎え、出店に関する注意点やニュースでは得ることのできないリアルな体験・情報を共有して頂きます。

プログラム・タイムテーブル

受付 17:30 会場:ぐるなび大学(東京)
住所:東京都千代田区有楽町1-2-2 東宝日比谷ビル6Fぐるなび大学受付
アクセスURL:http://www.gnavi.co.jp/company/profile/office/headquarters.html
勉強会 18:00〜20:00 プログラム1:タイ進出事例

スプラウトグループ 代表 高橋誠太郎氏
株式会社epoc 代表取締役 佐藤信之氏

日本食店舗が3,000店舗あるとも言われているタイでバンコク都内に「鳥波多」を2店舗出店し、成功を収める高橋氏と、飲食店のタイへの進出支援を手掛ける佐藤氏から出店にまつわる苦労話や上手くいっている理由、実際に出店してみないと分からなかったノウハウ等を伺います。

プログラム2:ミャンマー進出事例

株式会社ニュールック 代表取締役 金本重徳氏
株式会社甲羅 取締役副社長 鈴木雅貴氏

2011年3月、約50年間続いた軍政に終わりを告げ、民政移管を果たしたミャンマー(ビルマ)。民主化と経済改革が進められ、新たな未開拓市場としても世界中から注目されているが、国の状況やマーケットの情報がなかなか入ってこないミャンマーで出店を果たしたお二人から、現地のマーケット状況や出店に至った経緯、苦労話など生の体験談を伺います。

プログラム3:参加企業各社の現状と今後の展開について情報交換
懇親会 20:30〜 決まり次第お知らせ致します。

講師・パネラー

【プログラム1講師】スプラウトグループ 代表 高橋誠太郎氏

慶應義塾大学法学部卒業(アジアを皮切りにコスタリカのジャングルやサハラ砂漠などの秘境まで世界を旅する)
コンサルティング会社 株式会社日本エル・シー・エー入社、マーケティング部門、飲食・FC部門にて、在社4年半の修行ののち円満退社。
2002年7月 有限会社スプラウト設立、代表取締役に就任。
以降グループ各社で、「ビジネス=エクスタシー」をモットーに、「シーンの提供」に邁進。

【プログラム1講師】株式会社epoc 代表取締役 佐藤信之氏

上場外食企業の副社長及び子会社代表等を経て、飲食店に特化した海外進出支援を行う株式会社epocを設立。特にタイでは現地子会社を持ち、市場調査から、会社設立、物件開発、開業支援、開業後のサポートまでワンストップで行う。

【プログラム2講師】株式会社ニュールック 代表取締役 金本重徳氏

23歳の時、家業の焼肉店を継ぎ多店舗展開へ。焼肉店から始まり、串焼き、韓国料理、ホルモン焼きと業態も多様化。
15年12月現在、国内は横浜市内のみグループで17店舗(内直営店14店舗)、海外初出店として2015年4月に匠家ミャンマーヤンゴン店オープン。

【プログラム2講師】株式会社甲羅 取締役副社長 鈴木雅貴

かに料理甲羅、赤からを代表とする店舗を日本全国に295店舗を展開。海外は中国に赤からブランドを6店舗まで開業したが、よくあるトラブルで4店舗に。
今後は中国はもとより、ASEAN諸国に赤からブランドを展開してゆく。

TOP